お年玉との上手な付き合い方

はじめに

毎年楽しみなお年玉

日本ではお正月になると、親戚が集まりいろんなイベントや挨拶回りなどがあります。そして、数あるイベントのうち、親戚などと共に初詣に行ったりするなど、もしくはみんなでおせち料理を食べたりというものも非常に楽しく、幸せを感じることができるのではないでしょうか?

しかし、子どもからすれば、お正月といえばお年玉という程に、お年玉というものが楽しみなのではないでしょうか。

そんな、お正月の非常に大きな楽しみであるお年玉ですが、そのお年玉というものの由来とはいったいどの様なものでしょうか。

お年玉とはもともと、年の神様(歳神様)の心霊のことを意味しています。このお年玉の始まりというのは鎌倉時代の頃からであり、そのころはまだ現在のようにお年玉として金銭などを贈るというようなものではなかったようです。歳時記をみてみると元来、年の頭には、その歳神様の心霊を授ることで、新たな生命力を得るというような儀式が行われていたようです。そして、このときに神様からもらった魂というのを、目上のものから目下のものに対して分け与えていったというのが、本来の意味でのお年玉でした。これは例えば、家長から家族に対して、そして店の主人から使用人に対して渡したりというようにしていました。

そして、外国ではお年玉のような習慣というのは、アジアの諸国で存在し、旧正月になると子どもに対してお金などを与えます。特に中国では年始に大人から子どもにお金を分け与えるということで、子どもをその一年無事に育てることができ、その一年を平穏無事に過ごすことができるというような信仰から来ています。

お年玉の渡し方ですが、その由来は、玄関に白い丸い石を置いておき、その石の中に神様の魂を入れてもらい、それを分け与えていました。しかし、次第にその石というのが丸いお餅になって、いつしか現在のようにお金へと変化していきました。

両親であったりお年寄りなどというように、年長の者に対してお年玉を渡すという場合は、御年賀と必ず表に書きしましょう。

また、お年玉をあげる相手というのは、親戚関係などのごく親しい間柄であるような子どもとなります。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ